KYOTO

京都人のソウルフード、いづ重さんの鯖寿司

夏の美味しい思い出シリーズ、いづ重さんの鯖寿司&あゆ姿寿司です。

京都人のソウルフードと思われる鯖寿司。

そして京都で鯖寿司といえば!のお店のひとつがいづ重さん。


もともとしめ鯖が大好きな私、京都に越してきたころは「なぜあちこち鯖寿司があるんだろう〜うれしい!」と思っていました。

京都で鯖寿司がよく食べられるようになった理由は、まだ冷蔵技術が発達していなかった時代にさかのぼります。

京都のお隣、福井県の若狭湾でとれた鯖を京都に運ぶまでの保存技術として、鯖を塩や酢につけて持ってきた、というのが鯖寿司のルーツだそう。
ちなみに鯖を運んできた福井〜京都をつなぐルートは今でも「鯖街道」として残っています。そして街道沿いには今も鯖寿司のお店がちらほら。


こちらのいづ重さんでは、定番の鯖寿司以外にも夏はあゆの姿寿司などもいただけます。⁡


(余談ですが、この写真を撮ったのは7月の頭。

ちょうど1ヵ月後の8月初旬に行った時にも鮎の姿寿司を食べたのですが、そこで事件が…

夏の盛りの鮎だったのでかなり大きく育っており、見るからに丸々と迫力ある鮎だったのに、前回同様に頭からがぶりといった私。


案の定かなり太い骨が喉に刺さり、 (骨じゃなくエラでも刺さったのでは?!と思うくらいの!)何時間たってもびくともしない涙

自然に取れる気配がなかったので、結局喉に手を突っ込んで骨を引っこ抜きました…笑

あの時の、「何もつっかえていない喉のまろやかさってなんてありがたいんだろう…!」という感動と安心感が忘れられません。

⁡皆さまも、旬終わりの鮎にはお気をつけくださいね。

「しばらく鮎を食べるのトラウマになるかも?!」と思いましたが、容赦なくその後鮎をいただく機会が何度もあり、ちゃんとサイズ(特に頭)を見定めつつ全部おいしく食べることができたので、鮎とは今後も仲良くやっていけそうです)