エレガンス修行

美の基本を自分の手に取り戻す|簡単・野菜の甘みたっぷりカレーレシピ

コロナの外出自粛期間中のよかったことが、自宅での運動が習慣化したことと、自分で作る食事もないがしろにせず楽しもうという意識が生まれたことです。

多くの飲食店が再開した最近では、前のように外食を楽しむことも多いですが、それと同じくらい「今日は何を作ろうかな」と食事づくりを楽しみにするようになりました。

先日のディナーはこちら。

佐々木希ちゃんのInstagramに載っていたレシピを参考に、市販のルーを使わずにスパイスで作ったカレーです。

ルーを使わないなんてむつかしそうと思っていたのですが、レシピは意外なほど簡単!

そしてスパイスが玉ねぎの甘みを引き立てるのか、とにかく野菜の美味しさにスプーンが止まらない一品。多めに作って取っておこうと思っても、いつもすぐなくなります…

 

作り方を書くと、

油をひいたお鍋で生姜とニンニクを炒め、

ついでみじん切りにした玉ねぎを飴色になるまで炒めて

ざく切りにしたトマトを投入。

スパイス3種(コリアンダー、クミン、ターメリック)を加え、

水をすこし加えて煮込み、塩と鶏ガラスープの素で味を調整する。

これだけです。

 

この日はズッキーニ、ピーマン、トウモロコシ、それに残っていたサバ缶と塩麹につけておいた鶏もも肉も入れました。
(なんでも入れます。笑 カレーはなんでも受け入れてくれる包容力がありますよね…)

お昼にお米をしっかり食べたので、ごはんなしでも食べられるよう薄味に仕上げました。

 

その日の体調で量も塩分も調節できるし、余ったら冷凍すればいいので気兼ねなく残せて胃に負担がかかりにくい。

なにより”その日その瞬間食べたいもの”を自分に食べさせてあげられる。

おうちごはんっていいですね。♡

 

そして、運動について。

東京に住んでいた頃はヨガスタジオに通っていましたが、コロナでスタジオは一時クローズになり、私はそのまま京都へ。

 

このような状況になる前は
「一人では運動は続かない」
「ちゃんと場に通うことでモチベーションが維持される」
と思っていました。

ある程度本当のことであるにせよ、
YouTubeなど充実した動画コンテンツの恩恵を受けている今、それらは私の思い込みだったのだともわかりました。

わざわざ場に足を運ばなくとも、おうちでウェアに着替えてマットを敷けば、そこがヨガスタジオになるしトレーニングジムになる。

気が向いた時にいつでも体を動かせて、外のお天気も関係なく、移動の時間やコストもかからない…

いいことづくめですよね。♡

 

習慣化するポイントは「体を動かすハードルを下げること」で、それにはヨガマットをすぐに取り出せる場所にしまっておくこと。
そしてとりあえず部屋着からウェアに着替えてしまうことです。

私はウェアに着替えて家事をしているうちに、やる気になって運動を始めることが多いです。

 

また意外なことに、怠け者の私にとって一番の課題と思っていたモチベーションも、今や問題でなくなりました。

体を動かしたあとの心身の気持ちよさと、トレーニングで味わえる「自分を律することのできる素敵な女性」気分がやみつきになったからです。

 

食べること、体を動かすこと。

生活や美の根幹をなす2つのことを、外部に委ねすぎず自分の手に取りもどしつつあることが、いまの私の、ささやかで大きな喜びです。

心理美容カウンセラー®︎
杏奈
書くこと・美しいものに触れることを愛しています。 東京大学卒→美容メディアの運営・食&健康の資格立ち上げ→心理美容カウンセラー®️ 女を磨く宝石言葉、美しく生きるエレガンス修行のヒント、ご自愛をテーマにメッセージを届けています。 blog:https://love-fromanna.com/
\ Follow me /