LIFESTYLE

モーニングメソッドを10日続けて|自分に贈る”気持ちいい”のフルコース

最近読んだ本にならい、10日ほど前から毎朝1時間ほど「モーニング・メソッド」を実行しています。
いま流行りのモーニング・ルーティンのようなものですね。

これが、始めてみると期待していた以上にすてきないいことが色々と…


✨朝起きるのが楽しみになった
✨自然と早く目が覚めるようになった
✨朝からワクワクした気持ちで満ちる
✨生活リズムが整う
✨1日の始まりに清々しい充実感を味わえる
✨人生を信頼する感覚を毎朝思い出せる

といった変化を感じています。



なかでも驚いたのは、

✨その日やることの大半が午前中に終わってしまう日が出現する
(なので午後は+αのことが色々できる)

ということ。


1日のうち、起きている時間自体は変わらないはずなのに時間が増えた(!)。


本で提唱されているモーニングメソッドとは、朝起きたら

・瞑想(5分)
・アファメーション(5分)
・イメージング(5分)
・読書(20分)
・ライティング(5分)
・エクササイズ(20分)

を行う、というもの。


心や体、脳にきもちいいことのフルコースを朝から自分に贈る。
その恩恵は想像以上でした。


(私は「エクササイズ」を最初の方に持ってきたり、「読書」は言われなくてもするので代わりに習慣化したい語学を入れたりとアレンジしています)

元々夜更かしでもないけど、別に朝型でもない私。

どちらかといえば、“寝不足の日の使いものにならなさ”では誰にも負けないというくらい、人一倍睡眠が大事なタイプです。


なので、ムリに早起きしたり睡眠を削っているわけではないのですよね。


そんな私でもどういう訳かできているモーニングメソッドについて、詳しくはこちらの本をご覧ください。


自己啓発書を読むことは普段あまりないのだけれど、久々にそういった類の本を読んで

「人生では常に成長を求めよう」
「君は何だってできるさ!」

みたいなアメリカ的無邪気なポジティブさ(?)に触れました。

(「フランス人とかこういうの煙たがりそうだな〜」と思ったり笑)


でもこういうエネルギー剤をたまに注入すると、風が吹いて自分の中に動きが生まれる、そんな感じがしますね。


写真で飲んでいるのはレモン白湯、私の朝の必須アイテムです。♡