KYOTO

京都の初夏の”極上”をあつめて|心身を整えるティータイム♡

私たちは旬の食べもので季節の巡りを感じますが、“お菓子”がこれだけ季節の移ろいを教えてくれる土地というのは、日本では京都をおいて他にないような気がします。


京都に来るまで、旬のくだものやお野菜、海の幸はともかく
「和菓子で季節の移り変わりや節目を感じること」はありませんでした。


京都では毎年6月30日、「夏越の大祓(なごしのおおはらえ)」といって半年の穢れを清め、その年の後半の無病息災をねがって過ごす風習があります。



その時にいただくのが「水無月」という三角形のお菓子。ういろうの上に小豆が乗ったもので、6,7月は京都中の和菓子屋さんにこの和菓子が並びます‍。


(こちらは鍵善良房さんの水無月。アスティエ ド ヴィラッドのお皿で)⁡

人によっては「水無月といえばここ」なんてお気に入りのお店もあったりするよう。

昨年の6月はまだ京都に来たばかりだったこともあり、夏越の祓には茅の輪をくぐるくらいしかしませんでしたが…


今年は鴨川沿いのとても素敵なカフェで、水無月をはじめとした初夏の京都ならではの味をコースで堪能し、心を整えました。♡



鯖寿司で有名な祇園いづ重さんのいなり寿司をいづ重エルメスのガダルキヴィールで味わえたのも貴重なこと。

 


しゃりしゃりと口のなかでほどける霜月さんの花紫蘇琥珀は、華奢で可憐な佇まいにうっとり。


私の中のとびきりは亀廣永の「したたり」でした。

⁡すべて一保堂、柳桜園のお茶とともに。


そのうち、可愛らしいお茶道具をそろえて美しい和菓子とのティータイムを自宅でも楽しみたいです。。♡