エレガンス修行

贅沢な内側美容の時間。毎日ノートに書いていること

最近、ノートに向かう時間が何よりも贅沢な、ご褒美のような時間になっています。

「自分の本当の声を聞く」とは、今日という日もこの自分としてめいっぱい生きることのご褒美のようだと感じています。

 

私がこのところノートにどんなことを書いているかというと…

 

・モーニングページ

毎朝起き抜けに、何を書いてもいいからノートを3ページ埋めるというもの。

これは私の好きなアーティストさんがしていると聞いて始めた習慣です。

(その方は、「ずっとやりたかったことを、やりなさい」(ジュリア・キャメロン著)という本でこの習慣を知ったそうです)

 

その日頭に浮かんだことを、なんでもいいのでつらつら綴ってゆく。

今朝めざめてこんな気持ち、とか今日はこれをしたいな、とか昨日のあの出来事がこうだった…などなど。

日中にさまざまな情報にさらされる前の、まっさらな朝の時間にじっと自分の内側に耳を傾けます。

 

とにかく3ページ埋める、特筆すべきことがないような朝でも書く、というのがこの習慣のポイント。

これを続けることで次第に頭から”ゴミ”が外に出てゆき、結果としてどうなるかというと、自分の内にある想像の泉の純度が上がっていくのだと思います。

 

この習慣を教えてくれたのはアーティストの方ですが、創作活動をしていなくとも、自分の泉の純度を上げることはとてもよいことだと思います。
(そもそも生きること自体が創作だと思います)

 

私はこのモーニングページをしていくなかで、まず「したくないこと」がはっきりしました。
毎朝「したくないこと」の声が大きくなっていくのを感じました。
そしてそのあとで、「したいこと」が控えめに声をあげはじめてくれたので、少しずつキャッチしている…という感じです。

 

テーマもなく3ページ埋めるのが大変に感じるかもしれないので、最初は小さいノートで始めるといいかもしれません◎

 

とはいえ、テーマを設けずに書くことは慣れないうちは大変だと思いますし、本当の気持ちとやらは、書こうと思って書けるものではないですよね。

なのでノートのルーティンというか、テーマに沿って書くことも多いです。

(テーマがあれば何かしら書けますし、その過程でもっと深いところからの声が引き出されることがあります。)

毎日すべてやるわけではありませんが、ノートのルーティンはこんな感じです。

 

・日記

シンプルに今日、あるいは朝書くなら昨日を振り返って出来事を書きます。

淡々と出来事や行動を書いているうちに、「そういえばこの時こう思ったんだよね~」とか「あの人のあの言葉が嬉しかったな」などと頭がおしゃべりを始めます。

無意識に始まるこのおしゃべりこそが素直な自分の感情だったりするので、書き留めます。

 

・今日の感謝♡

これは今すぐ幸福感に包まれる、おすすめの習慣。

その日感謝できることとして思いつくことを、10個くらい書きます。

そんな大それたことじゃなくてよくて、というかむしろ些細なことにこそ感謝したいという気持ちを持てるかどうかが、私たちの幸福感のカギを握っていると思います。

 

私が今日の感謝ページに書いたのは、「美味しいレモン白湯が飲めること」とか「空があって、朝焼けと夕焼けが見えること」といったことでした。

「あって当たり前」ってないです^^

・今日美しくあるためにすること/したこと

「レモン白湯を飲みました」とか「ヨガとトレーニングをした」とか「(美容に良さそうな)これを食べた」といったことを気まぐれに書いています。

これを書いていると、何気なく過ぎてゆくような1日1日が、私が美しくあるために用意されたような日に感じられるのですよね。

内側の美容というか、絶対綺麗になれそうな気になる習慣です。

(絶対綺麗になれそうな気がしてくる、というのが美容の重要ポイントだと思います。♡笑)

 

ノートを書いていて、今日を自分として生きることが無性に楽しみになるのを感じます。

気が向いたらぜひはじめてみてくださいね。

 

心理美容カウンセラー®︎
杏奈
書くこと・美しいものに触れることを愛しています。 東京大学卒→美容メディアの運営・食&健康の資格立ち上げ→心理美容カウンセラー®️ 女を磨く宝石言葉、美しく生きるエレガンス修行のヒント、ご自愛をテーマにメッセージを届けています。 blog:https://love-fromanna.com/
\ Follow me /