ELEGANCE

秋分の茶会、淡い水色の付け下げを纏って

先日、秋分の日はお着物を着て茶会へ。

淡い水色の付け下げにあわせてやさしい色味でまとめました。



「付け下げ」というのは、結婚式などにも着ていける訪問着よりは柄が控えめで、普段着にもなる小紋よりはフォーマル。

お洋服で言うなら、ドレスほどのスペシャル感はなく、ジーンズ&スニーカーほどカジュアルでもない。


ほどよく華やいで品格もあり、いろんな場面で活躍して便利だという意味で、仕立てのいいワンピースくらいの位置づけでしょうか。

小物合わせやコーディネートによって幅広く表情をアレンジできる着物だと思います。

まだまだ着物のことはわからないけど、、自分の持っているものから知ってゆきたいです。